本日は、熊本県弁護士会の刑事弁護センター委員会に出席しました。

裁判員裁判での弁護技術や示談交渉の際の注意点、医療観察法に基づき入院したが医師から治療不可能と判断された場合の制度的問題などの議論が印象に残りました。

Follow me!